denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 120103京急きままに散歩”三崎口〜油壺〜城ヶ島”編

<<   作成日時 : 2012/01/03 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:三崎口=(BS)=油壺→京急観潮荘→油つぼ入口→城ヶ島入口→城ヶ島大橋→京急城ヶ島→城ヶ島バス停=(BS)=三崎口。90分、6.7Km

箱根駅伝の第6区の小田原到着を見て、東洋大学の優勝を確信して(箱根駅伝の結果はこちら)、9時過ぎに家を出発。いよいよ京急きまま散歩の仕上げに向かう。10:20に三崎口に着いたが、三崎口から油壺、油壺から海岸沿いに行って三崎へ出て、三崎から城ヶ島と歩くと4時間半はかかると見ていたので、お昼を城ヶ島と思っていたが、おぼつかない、困難。で、地図を見直してバスで油壺へ、それで最短距離で城ヶ島へ向かう今回のルートに変更した。

概略ルート

 バスまで時間があったので、三戸入口まで行ってみると、富士山が裾だけ
画像

 油壺のバス停。今日は3日。まだお土産屋さんは開いてない?
画像

 何という花?この辺りに一杯咲いてました
画像

 油壺の北側の様子、シーボニアというボートハウスなどがあるみたい#左手の山並みは丹沢でしょうか?
画像

 観潮荘に到着
画像

 5つ目の木札をゲット#こんな楽して良いでしょうか?ツィートして次の城ヶ島へ
画像


 路地の花。金の成る木 (かねのなるき)
画像

 油つぼ入口へ。空は曇が一杯で、日差しは漏れてくるが…。ここから三崎街道を南下
画像

 城ヶ島入口交差点を左へ
画像

 おお、沈丁花が花芽を大きくしてきてる
画像


 三浦陸橋を渡る
画像

 この橋結構大きい
画像

 さらに行くと城ヶ島大橋の料金所ですが、島に入る場所のここにしかない。帰りは無料みたい
画像

 城ヶ島大橋は、自転車と人は無料
画像


 少し雲が開けて、橋の上から富士山が見えてきた
画像

 大橋の真ん中辺りで、千葉方面。房総の先端と富山が良く見える
画像

 富士山方面。右手の丹沢から、中央に富士山、左手に箱根、さらに左に伊豆半島が広がる#前回は雨でした
画像


 大橋から、バス停の方へ行くと、灯台?なんと交番でした!
画像

 バス停から、お土産さん群を抜けて、海岸へ出るとちょうど渡しのところ#中央右手に乗船している人達が見える
画像

 京急城ヶ島の前から、海岸と丹沢から富士山のパノラマ。富士山はやはりいい!
画像

 拡大図。箱根の山と富士山
画像

 同。丹沢の山々。雪がまだ少ないな
画像

 同。少しズームアウトして、全体が入るように
画像


 京急城ヶ島に到着して、最後の6個目の木札をゲット!
画像

 ホテルを左へ行くと、散策路になっている。右手に城ヶ島灯台がある
画像

 途中振り返ると、ほーーーーー富士山が綺麗!
画像

 散策路を先へ行くと、お土産屋さんの路地へ戻った
画像

 バス停に戻ると、丁度三崎口のバスが出る所#すかさず乗る

ポイント
・今回の京急の企画は、”穴”があって、スタートの駅でスタンプをもらうのと、ゴールでスタンプをもらうのが決まっているだけで、途中はフリー。日ノ出町だけ駅の中にスタンプがありますが、その他は改札を出た所。ゴールの温泉も入らなくて良い。フロントに行ってスタンプ下さいと申請すればいい。#こういうことを言ってルールが変わらないと良いですが
・油壺から海岸沿いに行って三崎へのルート(の逆)は、10/10/4に歩いています。同様に三崎〜城ヶ島のルート(これも逆)は、10/5/29に歩いていますので、ご参考にしてください。
・しかし東洋は、往路はもちろん復路の方も圧倒してましたが、駅伝選手を集めるのが難しい世情を反映してるんでしょうか?瀬古さんが1万メートルは早稲田の方が上だって言ってもそうならないし、予選会トップはいい成績を残すはずが上武はそうではなく惨憺たる成績に終わってしまいましたし、古豪の学校が沈没してますし、東洋や駒沢の強さは選手の一丸や育成の成果なんでしょうか?
・肋骨の痛みも改善しましたし、来週からは段だらウォークしますね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
120103京急きままに散歩”三崎口〜油壺〜城ヶ島”編 denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる