denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 120610大野山。谷峨〜山北

<<   作成日時 : 2012/06/10 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

行程:谷峨→川西橋→大蔵野→湯触→湯触林道の奥(藪コキ)→大野山→共和小(跡)→大野山入口→山北駅。277分、約13Km。

今回は、403Cの皆さまとコラボで、大野山を歩きましたが、谷峨からの嵐の登り口を間違えて、ウロウロしてしまいました。さらに湯触の奥の林道まで行ってしまい、そこではなんと集団行動のハイキングに有るまじき”私の探検意欲のせいで、途中403Cのみなさんと行動を別行動でVルート”を歩いてしまう!
前日の天気予報が15時には雨1mmという事で、少し早く行動して雨には会わずに済みました。

☆大野山の山頂で昼食後記念撮影。#隣で昼食をしていたお嬢さんにお願いして撮れました。右手に丹沢湖が映ってます。御礼申し上げます
画像


概略ルート
#正規ルート&景色が良かった過去のブログは、こちらを参照ください。

1.谷峨駅〜湯触
 谷峨駅に8:30に集合して、スタート。尾崎さんは山北町出身で第一生命所属。ほんまに御殿場線の広告塔ですね
画像

 駅から、高速の先に大野山が見えます。緑の草原が綺麗です
画像

 左:鮎沢川にかかる青い吊り橋、右:杖が置いてあり、どれにしようかな?
画像

 嵐への分岐を行き過ぎて、川の流れの上に東名高速が行く(左)。右端上:嵐発電所を過ぎ、高速の下へ(中央)、右端下:やがて洞門が
画像

 そのあたりに、左:蛍袋 (ほたるぶくろ)と、右:鳥足升麻 (とりあししょうま)?
画像


 行き過ぎて、川西橋。路を間違えたのは少し先に気が付いてたが、この先どうするか協議中
画像

 地図を見比べて、ここから登って、嵐の先の登山口へ戻ることに#標識を見落とした?
画像

 このあたり、馬頭観音が多い
画像

 大蔵野地区に出た#カーブミラーの下に”大野山⇒”ってある
画像


 湯触地区の手前辺りの様子。茶畑の向こうに高速に、箱根の山々
画像

 湯触地区に到着
画像

 この標識。左へ行くと大野山50分とあって、確かに近いかも?しかし地図の上では、路は本来のハイキングルートに戻りそう…とても50分では?#右へ行くと10分位で頼朝桜の辺りへ出る
画像

 上の写真からすぐ。西側が開けている。いい眺めです#雲がなければ右手の奥に富士山が見えそう〜
画像


§2.ヤブこぎ
 50分につられて行くと、林道の一番北側に、車の跡#きっと作業路と思い、ここを行けば50分なのか?#皆さんと別れてひとり山道へ。他の人は右へ行って通常のHCへ向かう。50分の標識からすでに25分経過
画像

 山道へ入ると、昨日の雨で湿っていてそんなには滑らずに済んだが、傾斜のきつい登り
画像

 そのあとは植林帯に入り、この路が作業路に違いない!右手には大きな裾野の山は、富士山か?
画像

 楽勝!と思っていたら、思いもよらない鹿避けの柵が。まっすぐに行った方が良かったかもしれないが、柵に沿って登っている足跡があり、GPSを見てもこのまま左へ行くと、山頂からかなり離れてしまうので、右へ
画像

 足跡が所々ある路は、かなり不鮮明。仕方がないので柵に沿って、ヤブこぎ〜#キリシマ隊長のヤブこぎ戦士の歌を覚えておくんだった。ヤブこぎつらいぞ〜♪
画像

 やっと放牧地に出たが、有刺鉄線が入るのを阻む。仕方なく、有刺鉄線に沿って上へ#眺めはいいが、牛のフンが臭い
画像

 少し登ると、箱根の山々が綺麗に
画像

 左手には永歳橋が見える
画像

 ようやくヤブこぎ終了。鹿柵から50分、私にしては長〜いヤブこぎでした
画像


 ふと日除けの牛舎に、こちらを見てる牛さん、”何やってるんだよ〜”ってかな?
画像

 実際この後、多分この牧場の管理人の方に出合い、”職質”?。いろいろと経緯を説明させていただいて、出口へ案内いただきました
画像

 ゲートに到着。右がHCで、まっすぐ行くと山頂。403cの皆さまは到着してるかな?#メールが来ていて遅くとも11:27には山頂に到着していたみたい。こちらは11:34到着。半分くらいの距離を倍の時間かけて踏破!
画像


§3.大野山山頂
 パノラマをいくつか。山頂の標識がリニューアル。北から西。右;丹沢湖〜左:富士山方面
画像

 イヌクビリ辺りから南から東
画像

 小田原方面を拡大
画像

 かわいい標識。ここは左へ
画像

 東から北方面。高松山〜大室山方面ですが、かすんでますね
画像


§4.下り
 ここから山北へ
画像

 降りの最初は、すごく長い階段路が待ってます
画像

 途中に634。こんなもん必要?前回来た時はなかった
画像

 緑が濃い景色。いいなぁ〜
画像

画像

 シャガとシダに挟まれた路
画像


 前に来た時にお地蔵さんが祭られていた登り口ですが、今回はパス
画像

 登り口が立派になってます!
画像


 09/2/8に初めて来たときにボツにした写真を再アップ
 ・地蔵岩水子地蔵の看板の文字が読めた
画像

 ・登ると地蔵尊が立っている
画像

 ・地蔵岩の登口には看板があるだけ…
画像


 市開地区との分岐
画像

 少し休んで先へ
画像


 共和小の辺りから振り返ると、大野山の山頂が見える
画像

 共和小の道端に、サンショウバラが!
画像

 残念ながら共和小は廃校になったみたい
画像


 古宿地区の歩きの近道って案内にそって
画像

 どんどん行って、大野山入口バス停に。山開き後は西丹沢バスが増便されているんですが、14時ではその恩恵はない〜。暑くなってきて、わたしゃ冷たいビールが欲しい!
画像

 山北駅まで行くと、10分程度で国府津行きの電車がやってきた。途中で買ったビールを飲んでおつかれさんの乾杯じゃ!

ポイント
・大野山でヤブこぎするとは思わなかったが、素直に作業道を行ったらどうなったのか、気になるね
・共同行動にあるまじき行為、皆さまに謝罪いたしますね
・天候には恵まれませんでしたが、深緑は感動もんでした。綺麗でした。ただ富士山や丹沢の眺望が今一つでした。また出直しましょう
・今回の迷走を標準的なコースと地図を作成してみました。青が私の歩いた道。赤の点線が、標準のルート。大野山50分の標識から右へ行けばのルートが青紫の線、403Cの皆さんが登山ルートに戻ったルートが緑です
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、昼食にコンロを使って皆さんにスープやコーヒーをサービスできたんですが、その時”この虫何?”とT氏。よく見ると、まさかとは思いながら、水入れに尺取り虫!1.5cm位ですが、明らかにアイツです。うわぁ〜!
ヒルスプレーを持って行ったので素早くシュー!しましたが、ヤブこぎしたから?それとも山頂にもいるもん?教えて下さい
den
2012/06/12 19:25
花立小僧さんのサイトから、共和小学校の関連記事について、転載します。
花立小僧さんの写真とはちょっと変わり、盛り土されてたり、3月廃校という割に、荒廃が進んでいるように見えました。
---
s-okさんのサイトで、この共和小学校が今年3月で閉校になったことを知り、その後の小学校の姿が見たかったのだ。
 共和小学校は、明治7年に開設され、この度、137年の歴史を終えることになったのだという。今年3月に6年生3人が卒業すると、在校生ゼロとなり、新1年生が当面入学しないということから山北町では昨年11月に閉校を決めた。(※3)
 目の前に広がる校庭、校舎は、変わらない姿を見せていた。門に掲げられた「共和小学校」の表札も、まだそのままの状態だった。
 (※3)タウンニュース足柄版(2012年3月12日号)
---
なお、URLは、http://www7a.biglobe.ne.jp/~taiju/list/20120504/kiroku20120504.html

den
2012/06/14 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
120610大野山。谷峨〜山北 denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる