denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 120727奥穂高岳1。上高地バスターミナル〜河童橋〜横尾〜涸沢小屋

<<   作成日時 : 2012/08/03 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:7/27(金)横浜=(夜行バス)=上高地バスターミナル〜上高地バスターミナル〜河童橋〜横尾〜涸沢小屋。453分、16.7Km。

概略ルート

§1.河童橋
 夜明け時間が結構早いですが、上高地はまだ夜明け前。河童橋から焼岳の辺りがもう朝焼けです
画像

 穂高岳方面
画像


 この後朝飯をいただいて、その後出かける前にもう一度辺りの雰囲気。焼岳をズームイン
画像

 穂高方面は朝日が反射してまぶしい〜
画像

 方位盤を撮影しました
画像


 さあ、涸沢に向けて出発
画像

 直ぐに見えてくるのは明神岳。しばらくはその明神岳の姿を楽しみましょう〜
画像


§2.明神〜横尾
 明神館の前
画像

 山岳信仰が残っているみたいですが、その前で記念撮影
画像

 ちょっと行くと、山の容姿が変わってきます
画像


 散策路は高い樹木が
画像

 容姿がかなり変化#空は青い
画像

 徳沢の公衆トイレ。さすがに結構整備されてます
画像

 散策路のように見えますが、撮影したのは沢の様子。白樺があるし高原になっててさズが上高地。川の流れが綺麗過ぎて路にみえますね〜
画像

 徳沢の先の分岐を通過
画像


 新村橋分岐。明神岳が綺麗で大きいです#ここからパノラマコースへ入れます
画像

 明神岳も荒々しい山ですが、このあたりがおとなしく見えますね
画像

 散策路はほとんど高度が上がらない平坦な道
画像


 先に横尾尾根が見えてきた。この尾根を境に奥が槍沢、手前が涸沢へ続く横尾谷
画像

 明神の奥に、前穂尾根が見えてくる
画像

 左:屏風ヶ岩、右:横尾根の奥に、槍〜北穂へ伸びる稜線がついに見えて来た。中岳(3084m)だ
画像

 南岳(3032.7m)も見えてきた
画像

 横尾大橋に到着
画像

 学校の先生のような方にお願いして記念撮影。日影が恋しいほど、いい天気。この後10時を回ったばかりだが昼食
画像


§3.横尾〜涸沢
 横尾大橋を渡り、いよいよ涸沢への一本路。樹林帯を暫く行くと奥に中岳〜南岳が見える
画像

 歩いている背中には、蝶ヶ岳(2677m)の尾根か?
画像

 屏風岩が近い
画像

 平かに見えるので、南岳かな?
画像

 山頂は平らな南岳ですが、稜線は前後が切れている
画像


 北穂(3106m)が見えてきた
画像

 横尾谷の様子
画像

 屏風岩方面ですが、草原が広がっているみたい
画像


 今回はパスしますが、北穂の様子。高いし、険しいし、美しい
画像


 本谷橋を過ぎて、本谷出合の辺り。左の涸沢と横尾本谷が合流する辺りですが、左:北穂、右:南岳。綺麗だね〜
画像

 
 横尾尾根の奥に見えてきたのは、槍へ続く東鎌尾根の西岳か手前の赤沢山?#雲も多いし、赤沢山かな?
画像


 左手に前穂北尾根が見えてきた
画像

 ついに北尾根全般〜吊尾根や涸沢カールが見えてきた#しかし遠いなぁ〜?
画像

 奥穂もみえてきた!
画像

 カールも近くになった
画像

 雪渓の奥に、やっとテントが見えてきた。もう直ぐだ
画像


 登山道に雪渓が登場!
画像

 振り返ると、横尾尾根の崩落した山が見える
画像


 雪渓の手前。北穂が見える。その東稜にはグリーンベルト
画像

 雪渓は人だかり。吊尾根〜奥穂〜涸沢の尾根が連なる
画像


 涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐。余裕なく右へ
画像


§4.涸沢
 涸沢ヒュッテの様子
画像

 中央に涸沢岳(3103m)、左:奥穂、右:北穂。岩の奥テントの右方向に涸沢小屋が見えてきた
画像

 小屋にチェックイン#予定より1:30遅れの15:35
画像

 夕食が18:30で暫くビールなどいただいて時間つぶし。元涸沢小屋で働いていたという、元気&礼儀正しいハイカーさんと、宿の従業員で雪渓スキーされる方と情報交換しながら夕刻の涸沢を楽しむ
画像


120727-0729奥穂高岳サマリー。上高地〜横尾〜涸沢〜奥穂高岳ピストン
120728奥穂高岳2。涸沢小屋〜ザイデングラード〜奥穂高岳〜穂高岳山荘〜ザイデングラード〜涸沢小屋
120729奥穂高岳3。涸沢小屋〜横尾〜明神池〜自然探索路〜河童橋〜上高地バスターミナル
120727-0729奥穂高岳4。お花のページ

ポイント
・バスターミナルにいたおじさんが、”上高地は昨日から夏になっだ”って言ってました。そう、この日は、梅雨明け直後の週末だった。そして暑かった
・また”夜行バス(夜行列車でもそうだが)+登山=バテる”は、全く今回も適合してしまった。長いアプローチはそうでもなかったが、涸沢の雪渓ではアップアップ。白馬や飯豊の雪渓もつらかったのを思い出す
・今回いくつか忘れ物があったが、着替えの下着を忘れたのは遺憾!仕方ないから、水洗いだが、山で洗濯してみたよ〜
・涸沢小屋の夕刻にお話しした方が、岳沢〜前穂〜奥穂〜涸沢と来たというのを聞いて、驚きましたが、タフなルートを巡れるっていいね!しかも小屋で昔バイトしていたらしくメロン(1つ2Kgとして3個だと6Kg)をお土産にもってきたというから大したもんだ。ハートもある若者にお会いできてうれしいもの

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
120727奥穂高岳1。上高地バスターミナル〜河童橋〜横尾〜涸沢小屋 denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる