denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 121118湯河原〜真鶴半島〜根府川

<<   作成日時 : 2012/11/18 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

行程:湯河原→湯河原中→福浦漁港→尻掛入口→中川美術館→番場浦遊歩道→三ツ石海岸→真鶴漁港→まなづる小(→迷走)→岩IC→岩漁港→主屋→根府川。344分、約22.2Km

昨日(11/18)は、まーちゃんと雨崎海岸を散策予定でしたが、雨で中止。それならと昼からいろいろと情報交換して、鍋割山の寄側の作業路、玄倉の最深部周辺、それから最近話題の16500分の1地図等々。17時まで飲んだので今日の歩きは危ないかな?と思っていましたが、早く寝たのが良かったか、ちゃんと早起きできた。
まずは聞いたばかりの鍋割山周辺と思ったが、雨もしっかり降ったし、16500分の1地図を手にしてからと思い、かねてから準備していた海辺の県境編をチャレンジしてみた=GPSで歩くルートを作成して、それをGPSへアップロードして、ナビして歩くというもの。→うまく使いこなせれば、未開の地も楽勝?

概略ルート

§1.湯河原
 湯河原からスタート。雲が多いけど、空が夏っぽい!実際ちょっと歩くと汗ばむ#この時期着る物がむずかしい…
画像

 駅前にこういうポスター、まずは右下の真鶴へ
画像

 湯河原は温泉で有名ですが、駅の一番近くはホテルのラドン温泉
画像

 吉浜の海岸へ向かう道は温泉街らしい繁華街で、道路の両側にお店が立ち並びます
画像


§2.真鶴道路
 135へ出ます。正面が湯河原中。右手はもう歩いているので、左手へ
画像

 真鶴道路に出ると、ちょっと変わった橙色の木?
画像

 中学校側から海岸に出てみると、真鶴半島の先端まで見える#右端が三ツ石。しかし海岸線を先へは行けそうにない…
画像

 道を戻り、135の左側を行く。左手に梅林&ロッククライミングで有名な幕山が見える
画像

 左手に神社。桜が少し赤くなってます
画像

 先へ行くと、吉浜海岸が望める場所に。遠浅の海岸の逆で近深の海岸みたい
画像


§3.真鶴半島西側
 上から少し行くと、真鶴の付け根である福浦が近くなり、半島の全容も見える
画像

 港に入り、湯河原方面を振り返る。港は意外にきれい。灯台が赤いのはどういう意味があるんでしょう?
画像

 港の前から見えていた”塔”?。何だろうと思ったら、水産加工会社のもの。煙突でしょうか?
画像

 ここから岬を目指し、できるだけ海岸線に沿って行きたかったんですが、いきなり道は狭くなって
画像

 車が通れるような道ではなくなって、ぐんぐん登ってが、細い道に…
画像

 半島の西側からアプローチして、ナビ通り来れたが、トレース用にGPSに入れてきた道がない!なぜ?たまたま地元の人が通り道を教えてもらうが、1mくらいの道を登って、やっと舗装道路へ
画像

 先へ行くと、散策道路へ#この日小田原のツーディウォークの2日目があったみたいで、超多くのハイカーと同じ方向に進むことになる!
画像

 背中にこんなゼッケン#私はこのハイカーではないですが、係員にお疲れ様と声を掛けられることになる
画像


 西側をずっと歩いてきましたが、東側が見える丘に#海の色が綺麗
画像

 少し先へ行くと、エメラルドっぽい入り江#琴ヶ浜
画像


 中川美術館を過ぎると、左;真鶴の突端の三ツ石の標識と、右折する辺りに突端の地図、いろいろと散策路があるみたい。散策路には入らず、右手へ
画像

 行きすがら左手を見上げると、大木・巨木が多い散策路になっているみたいだ
画像

 途中番場浦へ降りれる分岐#ウォークラリーの人はひたすら歩いてますが私は海岸へ
画像

 下っていくと、今度は海沿いの潮騒遊歩道へ行けるみたい
画像

 行ってみると海岸に、正面は初島?路が続いている左手へ
画像


 三ツ石の見える所まで来れた#早速自画像取るならここって決めてた
画像

 三ツ石海岸まで着た。早速パノラマ。綺麗な海岸です!
画像

 引き潮なら、三ツ石行けるのかも?
画像

 でも今日は満潮で先へは行けない
画像

 コーヒーでも飲もうかと思ったが、食うものを持ってないし、昼も近いので先へ。今一度パノラマを
画像


§4.真鶴半島東側
 ケープ真鶴(バス停)へ登るところから、石はどうも3つには見えない
画像

 変わった石のモニュメント。何だろう?
画像


 東側に入って、車道が続きますが、琴ヶ浜の辺り。先程のエメラルドの海です
画像

 半島の東側を行くと、真鶴漁港。真鶴漁港の中央辺り。ここは頼朝の出船の記念地。社もあってさすがです
画像
 
 坂道にある酒屋のおばさんと目が合って中へ、
画像

 2本お酒を買ってしまった#頼朝の酒はフルーティで、丹沢山は純米できりっとしているということ。忘年会で飲もう!
画像

 酒屋さんの前のひもの屋さん
画像


 漁港から山越えで、岩大橋を目指し、丘の上のまなづる小へ
画像

 その丘辺りから#右手の山が半島部分
画像


§5.岩地区
 が、ちょっと道を間違えてしまい迷走…もう一度まなづる小へ戻り、岩IC手前へ。不測の事態の準備が不十分でしたが、地図の現在地の左上の”東の道祖神”まで行けていたので下っていればvery goodだったみたい〜!#悔しいです
画像

 下ったら?というのが右側の道。左へ
画像

 岩大橋。ここは徒歩では渡れないので回り込むが、橋下の右手に海の向こうに大山が見えている
画像

 岩の漁港。穏やかな海です
画像

 岩地区の様子。左:川なんでしょうが、細い。右上:共同井戸でしょうか?右下:お地蔵さんですが結構大きいのが特長でした。井戸の前で石像のある洞窟を探しているハイカーと井戸端。持っていた地図を差し上げた
画像

 もう1時半だが、まだご飯が食べれない。観光地だから何処でも食べれると思ったが、岩を抜けてこの食堂”主屋”で漸く昼食
画像

 店を出てちょっとして、振り返った写真ですが、幕山&南郷山方面
画像


§6.根府川まで
 134号をひたすらてくてく…途中、大山〜湘南〜三浦半島〜房総半島のまた大パノラマ
画像

 →カシミールで同定しておこう
画像


 鉄橋が見えました。漸く根府川です
画像

 バス停から左手に入ると、標識がありました#この辺も散策路になってるようです
画像

 先へ行くと、神社の前に出て、散策ももうじき終了です
画像

 飯食べてから1時間半、根府川駅到着#結局早川までは行けませんでした
画像


§7.今日の出会いをまとめて
画像


ポイント
・真鶴半島はガイドを印刷して持ってきたが、縁を歩くのに気が取られて、観光らしい動きはできなかったのが残念。せめて最小でもと、以前はっぴーさんが歩いた記事があったと検索してみたが見つけれなかった
・まーちゃんが、16500分の1の東丹沢と、高尾山のを持っていた。25000には出てないコースもあるので、なかなか面白そうです。ぜひ手に入れたいものだ
・真鶴半島の計画地図と実際の違いを比較しときます#青:計画、赤:今回、青:計画
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今日本文でも紹介した吉備人出版の「奥多摩東部」、「高尾山・景信山・陣馬山」、「東丹沢登山詳細図」を購入しました。昭文社やいろんなガイドブックよりも”字が大きくて”、そこそこ他のガイドブックに載っていないルートもあって、コストパフォーマンスいいんじゃないでしょうか?”西丹沢”版が欲しいですね〜
den
2012/11/19 21:12
denさん
ずいぶんとロングコースを歩かれたんですね!
私はのんびりまったりで真鶴半島だけでした。
魚座のランチが美味しかったです。

「日本のリビエラ」とかいう友人の誘いに乗って根府川付近も別の日に歩いたと思います。
でも、あんまり覚えていません。夏で暑かったです。

地図、getされたんですね!
まーちゃんもとはビックリです。
私も高尾山と両方持っています。
はっぴー
2012/11/23 18:51
はっぴーさん、
コメントありがとうございます。
まーちゃんはニカニカで話題になってついと言ってました。高尾山の細かい道が
気になっているようです。
真鶴半島の前後は歩道がなく、危ないです。ルート考える時には危ないまで分からないですからね。以後臨機応変で行くかな?
den
2012/11/28 12:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
121118湯河原〜真鶴半島〜根府川 denの段だらウォーキング日記 2冊目のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる